生活保護を受ける

生活保護に関すること

生活支援サービス情報

  • イベントでの思い出
  • 新着情報

    生活に困窮している人への制度

    現在日本では社会を取り巻く経済環境の変化と高齢化や雇用情勢の悪化によって、暮らしが困窮してしまう人が急増しています。そこで国は生活保護の見直しを行なっています。この制度は、病気や怪我や失業など様々な理由によって行き詰って困窮した時の最後の支えですが、そこから抜け出すことができずに居る人やワーキングプアなど年収200万円以下で暮らす予備軍の人たちへの支援をそれぞれの実情に合う形にするものです。既に保護を受けている人には就労自立給付金によって、働いて得た収入の一部を積み立てできるようにします。現在は収入を得た分だけ生活保護費が減ってしまい、働く意欲を失うからです。予備軍の人へは、住宅支援によって住いを失った人の家賃を補助します。

    生活用品

    生活不安に公的サービスの利用

    格差社会の今、景気が良くなっているとの報道をよそに生活で困窮している弱者たちも増えています。巷では給料がにわかに上がってきている報道もされているが実感できていない人も多いとおもいます。増税してからどうなるか、まだ不安要素も多いです。暮らしに困窮している人は低賃金か定職に付けていない人、職に就けない状況の方たちです。資格を取るにも時間とお金のねん出が大変です。公共の生活支援サービスで求職や資格取得のサポートも行っています。公的支援もありますので情報を得るためにもこういったものを利用するのも手だと思います。

    © 生活保護に関すること. All rights reserved.